西武池袋線・保谷駅から徒歩3分、練馬区南大泉のはりねずみレコード音楽教室です。

© 2019 by はりねずみレコード

​03-5387-7945

080-5077-1453

講師プロフィール

 ​清水長五郎 
 しみず ちょうごろう 
 コントラバス/エレキベース 

1960年東京都港区麻布霞町(現在の西麻布)に生まれる。
ダンサーである両親の影響で幼少の頃より多数ジャンルの音楽を聴き、やがて楽器に興味を持ちピアノを習い始める。

 

 青山学院中等部に入学し、テニス部に入部。しばらくテニスに集中していたものの、ある日のイベントで上級生のバンド演奏を聴き方向性が変わる。
そこでエレクトリックベースを弾いていたのが尊敬するテニス部の主将であったこと、そのベースの音色がピアノに無い魅力的なものであったこと、ギター以上に興味深いものであったことにより、その日の晩、親に頼みこんでエレクトリックベースを購入することになる。
それ以来、フォークロック・ハードロック、そして今でも一番好きなプログレッシブロックのバンドを作りベースを弾き、またオルガンを中心としたキーボードも弾いていた。

 青山学院高等部に進んだ頃にはジャズ・フュージョンにも興味を持ち、大学3年の頃に並行して「ルーツ音楽院」に入学しジャズを学ぶが、エレクトリックベースの講師とは考え方に相違があり、すぐに校長のジャズギターの名手である故・沢田俊吾氏に退学を申し出る。

そのためエレクトリックベースは完全に独学で修得。
 しかし、沢田氏には読譜力・アドリブ力を評価されていたこともあり、同氏から以降はベース科の授業は受けなくてよいから特待生として残りギター科やアンサンブル科を手伝うよう依頼される。その後、ルーツ音楽院の講師などから仕事の依頼を受けるようになり、そこから大きく人脈も発展、多数の有名タレントのサポートバンドでの伴奏、ミュージカルでの伴奏など多くの場での演奏活動をおこなう。また同時に編曲・制作なども手がけるようになり、携わった作品は3000曲を超える。1986年からエレクトリックベースの講師も務めている。

​ 

ダブル・ベース(コントラバス、ウッドベース)は愛聴しているクラシックを弾くため、ジャズを弾くため、またミュージカルの仕事に取り入れるために2004年より始める。

コントラバスを木村亜由美氏、林絵里氏、永島義男氏に師事。
自己のオーケストラを結成、過去に杉並公会堂を満員にする程のコンサートを2回行い、次の公演も現在計画中。その他多数のオーケストラにも参加している。

 ピアノ/ピアノ弾き語り 
 しみず  ひな 
清水 陽奈 

 東京都練馬区出身。
妙福寺保育園、大泉第六小学校、国立音楽大学附属中学、同音楽高校を経て同大学作曲学科卒業。中学・高等学校教員免許取得。学校でクラシックを学ぶ傍らポピュラー音楽に傾倒して学生時代を過ごす。大学在学中から作曲、ライブ活動を始め、卒業後はツアーバンドでの演奏、ゲームソフト、ラジオ番組の音楽制作、音楽著書の執筆などに携わる。
ピアノ指導の分野では子どもから大人までの幅広い年齢層を対象としたレッスンのほか、大手音楽教室にて教材の執筆、講師研修、ブロードバンド配信番組の企画、番組MCを担当。

ピアノ譜のアレンジも数多く手がけており、ソロ曲のほか連弾、歌と伴奏、アンサンブル、リズムトレーニング教材など著書多数。